バブーシカとワークパートナー オリーブ

ピロシキ工房バブーシカ(2014年4月で閉店しました。)は「企業組合オリーブ(旧名)」の行う事業のひとつでした。ワークパートナー オリーブは、「老いも若きも、障害があってもなくても、みなが働ける場を作りたいという思いで立ち上げ、有料老人ホームの清掃・洗濯の請負事業をすることから始まりました。現在は、有料老人ホームの清掃・洗濯請負業、そしてそこで使用している石けんを広める活動、障害者の雇用を促進する活動を展開しています。