ミツロウクリーム(ビーワックス)を作る

 

毎冬、スタッフYさんがビーワックスを作っています。

ビーワックスとはミツロウとなたね油という自然のものだけを材料として作ってあるクリームで、リップクリームとしてもハンドクリームとしても使えるものです。

空気が乾燥する冬場、私はYさんの作ったビーワックスを唇や顔のかさかさしたところに塗ったり、手に塗ったりして乾燥から肌を守っています。

この冬Yさんが作ってくれたビーワックスにはひまわり油も入っていて、ちょっとグレードアップしたビーワックスでした。

 

 

 

 

 

はちのシールがかわいいYさんのビーワックス

 

 

 

 

 

 

 

このビーワックスを私も作ってみようと思い、材料はどこで買えるのかなあと思ってネットを見ていたら、

Wild treeというお店からミツロウリップクリームとミツロウクリームの作れる

「てづくりコスメのすすめ」というキットが出ているのを発見。取り寄せることにしました。

 

 

 

 

 

キットに入っていたのはミツロウ(ケースに入っているもの)、

ホホバオイル、ロウソク、リップクリームのケース、

計量スプーン、混ぜる棒です。

 

 

 

 

 

 

 

説明書にしたがい

まずは道具の煮沸消毒。

 

 

 

 

 

 

 

煮沸消毒した道具を乾かしたら、

計量スプーンにミツロウとホホバオイルを入れ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ろうそくで熱して

ミツロウを溶かします。

 

 

 

 

 

 

 

ミツロウが溶けたら

リップクリームのケースに

流し込みます。

 

 

 

 

 

 

作業はこれだけでした。

次はミツロウクリームを作ります。

 

 

 

 

 

リップクリームの時と同じ作業をし、

今度はクリーム用のケースに

流し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

リップクリームの時と違うのは

流し込んだ後に冷めるまでゆっくりかき混ぜ、

やわらかいクリームにすること。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

思ったより簡単に

作ることができました。

キットになっていたからかな。

 

 

 

 

これだったら材料さえあれば来年からも自分で作れそうです。

 

食べ物を扱う時にハンドクリームを塗った手で触っていいのかなあと迷うことがありますが、

このクリームなら安心して触ることができます。

そういう点でもミツロウクリーム(ビーワックス)はいいなあと思います。

 

まだまだ空気が乾燥する日が続きそうです。

火の元とお肌の乾燥には気をつけようと思います。

 

(s.y記)