babooshkaの研修生達

バブーシカでは年間を通して何人かの研修生の受け入れをしております。障害者の職場研修、中学校の職場研修、普通高校の職場研修などです。ご依頼を受けて当方の力量で大丈夫と判断した場合にお引き受けしております。今年は例年より少なめでしたが、4名の研修生受け入れをさせて頂きました。若い研修生と一緒に働くことでいつも自分を振り返ることができる..むしろ自分達の方が研修させてもらっているような気さえする、彼達の正直で真面目な働きぶりは、バブーシカだけでなく広く世間の職場においても貴重な刺激を与えてくれるのではないでしょうか。そんな研修生のご紹介です。

 

s学園(普通高校)のTさん。高校2年生男子です。

  

 ピロシキの生地だまを丸める作業です。生地を量って丸める作業を

 正確にきっちりとやってくれました。とても真面目な仕事ぶりで、何も

 せずにぼ~っとするのが大嫌い。「次の仕事の指示をお願いします!」

 と大変意欲的な研修生でした。ふだんのんびりと作業をしがちな私達

 は逆に「はい、次は..え~~と、次は~」とタジタジです。

 

s学園のsさんです。同じく高校2年生。

研修終了後の振り返り(反省会のようなもの)です。

先生、保護者、バブーシカ担当者、ご本人で研修の反省や感想

を話し合い、今後に役立てるものです。

彼は質問することが苦手..仕事中も解らないことがあっても質問

ができないのではという事前説明でした。でも何か立ち止まるよう

な気配さえ感じてあげれば「この雑巾はどこに置けばいいですか」

などと質問が出てくるようになりました。研修は疲れるものですが

ご自宅で疲れたなどの言葉はなく研修の様子を楽しく報告してく

れたそうです。 そんな母上の話にほっと..

 

かたるべ会の研修生Hさんです。21歳!

背が高く眉りりしく時代劇俳優のようなハンサム..バブーシカスタッフの感想です。

ほんとに男らしい侍顔なのですが、こちらが質問をどんどんしていくと、どんどんと

身体を前かがみにさせて小さくなってしまいます。ハンサムなのに、女性は苦手と

ずいぶんとはっきり宣言されてました。 真面目は仕事にもいかされ、黙々と掃除

をこなします。彼も質問が苦手&返事の声が小さいとお聞きしてましたが、実際は

質問も返事も普通にはっきりした声でしてくれました。返事をするときの手を挙げる

仕草は敬礼のようで大きな体躯に似合っていました。仕事はとてもできる青年で

しっかり戦力になります。「バブーシカで働きますか?」と言ったら..残念なことに

「まだ働くのは早すぎます!」と即刻却下されてしまいました。

 

研修生を受け入れる度にほんとに十人十色で、対応もその研修生に合わせて共働

する訳ですが、それがとても緊張するとともに楽しくもあります。また違う出会いが

今後もあると思いますが楽しみにしております。 そしてお客様も研修生に対しては

とても優しく接してくださいます。それも感謝! でございます。