手作りアンチョビ 10月12日火曜日

 

バブーシカにはアンチョビを使ったピロシキが3種類あります。春の「春キャベツとサーモンのアンチョビソース」ピロシキ、夏の「夏野菜のオリーブオイル焼き」ピロシキ、そして「アンチョビポテト」ピロシキです。いずれもビン詰めのアンチョビを使っています。

 

そのアンチョビが自分でも作れるらしいと知ったのは6月半ば頃。自分で作れたら、バブーシカでも自家製アンチョビでピロシキの具が作れるようになるかしら?と思っていた時、ちょうどスーパーで「しこ鰯」を発見。私スタッフY、自宅で挑戦してみることにしました。

 

鰯を丸ごと約2ヶ月塩に漬けました。それを取り出して頭と内蔵をとり除き、中骨をとります。

r_DSC02191r_DSC02192_2

 左は中骨、右が身です。塩漬けして身のしまった鰯は手開きにする感触が生の鰯のそれとは違ってちょっと難しい・・。

(ちなみに中骨は素揚げにしてみました。塩の効いた骨せんべいとなりました。)

 

鰯の身を今度はオイルにつけます。

r_DSC02193_2

 

 

2週間後くらいからアンチョビとして食べられるようです・・

 ちょっとワクワクどきどき

 

 

そしてできたのが

 

r_DVC00019

こちら です。

 

見栄えは今イチですが、(きれいに開けなかったからね・・)

味はアンチョビです。作れるものなのですね。

作業自体はシンプルだし、分量も大雑把でできたし、

あとは時間が作ってくれる・・・。

 

 

 

ということで、バブーシカでもいつか自家製アンチョビを使ったピロシキが登場する?かも?

                                                 (s.y記)